地域(熊本市)

座禅石

加藤清正の軍用梅が栽培されていた場所は現在谷尾崎梅林公園として整備され、その公園を見下ろす山の斜面の巨石上で宮本武蔵がで座禅を組んでいたとの言い伝えが残っている。

 

巨石の別名「武蔵先生座禅岩」はたたみ二畳ほどの大きさ

 

谷尾崎梅林公園は、細川家の菩提寺である妙解寺の別院臨済宗谷隠軒の寺域でもあった。

 

公園入口から座禅石までは案内板有り(3~5分程度)

 

毎年2月末の梅の見ごろには、13種類、約300本の梅の木に囲まれながら楽しめる「谷尾崎町梅まつり」が開催されている。

 

座禅石(谷尾崎梅林公園)
熊本市西区谷尾崎字東谷院平1545-2
TEL:096-355-2936(西部土木センター)
24時間開放
 

カーナビ入力情報:29 455 881*50 (マップコードとは)

 
駐車場:有り(無料)

 
最終更新日:2021年2月23日