地域(八代、水俣方面)

松浜軒(しょうひんけん)

国指定名勝になってる松浜軒は1688年 八代城主三代 松井直之公が母崇芳院尼のために建てたお茶屋跡。当時この辺りには松が茂り、八代海を見渡せる浜辺であったことから松浜軒と名づけられた。(建屋内部:非公開)

 

 

庭園の肥後花菖蒲は5月下旬から6月上旬にかけてが見頃

 

 

松浜軒敷地内には松井文庫の展示室が二つあり、展示物は年に4回入れ替わる。驥斎(きさい)展示場。驥とは駿馬のことで、この建物がもと馬屋(厩)であったことに由来。驥斎第二は長屋を展示場として復元。ともに内部写真撮影はNG。


 

 
松浜軒
八代市北の丸町3-15
電話:0965-33-0171
開園:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休み:月曜日(祝日の場合は翌日)
料金:一般500円 小中学生250円
 

カーナビ入力情報:128 312 570*32 (マップコードとは)


 

駐車場:有り(無料)


 
松浜軒のページ(八代市)はこちらより
 
最終更新日:2021年5月23日