地域(阿蘇方面)

谷人たちの美術館

「谷人たちの美術館」は、南阿蘇村に点在する45ヵ所の工房・アトリエ・お店を、毎年10月1日から2週間開放し、村全体を美術館と見立てふれあいを楽しむユニークなイベント。

 

筆者毎年お決まりの訪問先下野蜩寓さん。(2019年は休館)

2016-%e8%b0%b7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e4%b8%8b%e9%87%8e%e8%9c%a9%ef%bc%88%e3%81%b2%e3%81%90%e3%82%89%e3%81%97%ef%bc%89%e5%af%93-3

 

自宅が美術館に様変わり。

2016-%e8%b0%b7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e4%b8%8b%e9%87%8e%e8%9c%a9%ef%bc%88%e3%81%b2%e3%81%90%e3%82%89%e3%81%97%ef%bc%89%e5%af%93-4

 

毎年趣向を凝らし、独創的な完全オリジナル作品。写真:フエキ糊の容器とマイコンを融合させたお出迎えロボット。マイクを差し出した時に話しかけると簡単な会話が出来る。

 

下野蜩寓さんの作品は主に鉄道(模型)がテーマ。写真は一畳ぶんを剥がして作られたジオラマセット(旧作)

2016-%e8%b0%b7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e4%b8%8b%e9%87%8e%e8%9c%a9%ef%bc%88%e3%81%b2%e3%81%90%e3%82%89%e3%81%97%ef%bc%89%e5%af%93-14

 

海外の材料で作られたHOゲージのジオラマセットはIpadと連動し渾身の力作だ。

2016-%e8%b0%b7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e4%b8%8b%e9%87%8e%e8%9c%a9%ef%bc%88%e3%81%b2%e3%81%90%e3%82%89%e3%81%97%ef%bc%89%e5%af%93-12

 

声の指示で列車を動かせる模型もマイコンを活用。

 

屋外(駐車場横)にある庭を「阿蘇蜩鉄道」に仕立てた鉄道模型はリモコン操作で自由に動かすことができる。

 

下野蜩寓さん:入館料不要。駐車場は2台ぶん。南阿蘇村最北端寄りの地域。

谷人たちの美術館開催時期以外での訪問不可。

 

◆谷人たちの美術館 HPはこちら◆

 

最終更新日:2019年10月2日