地域(熊本市)

水前寺成趣園(水前寺公園)

初代藩主の細川忠利から三代・細川綱利までの約40年をかけて造営された大名庭園。豊富な阿蘇伏流水が湧出して作った池を中心にした桃山式回遊庭園で、 築山や浮石、芝生、松などの植木で東海道五十三次の景勝を模したといわれてる。

 

池畔にある萱葺の古風な建物「古今伝授之間」は、約400年前、関ヶ原の戦いを挟んで、この部屋で細川幽斎は後陽成天皇の弟、智仁親王に古今和歌集を伝授。京から長岡天満宮へ移され、さらに大正元年にほとんどの部材そのままに水前寺公園に移築復元(熊本県の重要文化財に指定)

 

古今伝授之間に隣接する茶屋では和菓子が販売

 

抹茶セット:和菓子は「加勢以多」細川家に献上していたお菓子を復元したもの

 

公園南側:能楽殿は着物ショーやJAZZコンサート等、各種イベントでも活用

 

公園北側:毎年大勢の参拝客が初詣に訪れる出水神社


 
水前寺公園をゆっくり散策すると1時間程度。土産品販売も充実。水前寺公園正面入口前で販売してる熊本名物「いきなり団子」は筆者お勧め。

2016年4月の大地震により湧水の池は枯水したが3ヶ月後くらいから少しずつ回復傾向に。正面入口前にあった鳥居は崩壊し撤去された。

 

水前寺成趣園(水前寺公園) 
熊本市中央区水前寺公園8-1
TEL:096-383-0074
営業:8:30~17:00時(入園16:30まで)
入園料:大人(高校生以上)400円、子供(小・中学生)200円
 
【駐車場情報】
水前寺公園近くには有料駐車場が多数点在。最安グラウンド通り沿い下マップ
100円/1時間(駐車キャパは数台ぶん程度)
 


カーナビ入力情報:29 433 607*33 (マップコードとは)
 
毎年正月三が日は水前寺公園無料開放・公園内無料特設駐車場有り
 
水前寺成趣園公式HPはこちらより
 
最終更新日:2021年1月3日