地域(熊本市)

峠の茶屋

熊本市島崎から玉名市天水町に通じる峠にあった茶屋で、金峰山登山道の入口「鳥越の茶屋」と小天(おあま)と河内(かわち)の分岐点にある「野出の茶屋」のこと。夏目漱石の名作「草枕」の一節「おい、と声をかけたが返事がない・・・」の舞台は、この二つの茶屋を合わせてひとつに描写したと考えられてる。

 

鳥越峠の茶屋

鳥越峠で茶屋を復元した資料館。夏目漱石に関わる資料が展示。

峠の茶屋 (1)

 

夏目漱石ゆかりの鳥越の峠の茶屋

 

資料館の先にある茶屋跡

峠の茶屋 (7)

峠の茶屋(鳥越峠)

熊本市西区河内町岳5-4

TEL:096-277-2157 (資料館)

営業:資料館9:00~17:00 売店11:00~17:00

休:毎週火曜日及び年末年始

駐車場:有り(無料)

 

野出峠の茶屋

 

夏目漱石ゆかりの野出の峠の茶屋

茶屋はなく展望公園として整備されている。

句碑(天草の後ろに寒き入日かな)夏目漱石が熊本滞在中、正岡子規へ送った俳句。

野出峠の茶屋公園2

公園からは長崎・雲仙島原が一望できる。

 

峠の茶屋公園(野出峠)

熊本市西区河内町野出

TEL:096-328-2393 (熊本市観光振興課)

常時開放(無料)

駐車場:有り(無料)

野出峠の茶屋公園駐車場

 

最終更新日:2020年4月3日