熊本社会、話題情報 etc

朝鮮飴

朝鮮飴とは餅米と水飴と砂糖を捏ね合わせ、片栗粉を塗した求肥飴(ぎゅうひあめ)の一種で主に和菓子店で入手可能な熊本県の銘菓。写真:熊本市に店舗を構える園田屋さんの朝鮮飴

 

16世紀、園田屋の開祖、園田武衛門により作られた当初は長生飴と呼ばれていたが、文禄・慶長の役での出兵の際、当時の城主加藤清正の軍はこれを携行して篭城中の兵糧として役立てた為、朝鮮飴と呼ぶ様になった。(wikipediaより転載)

 

片栗粉がまぶしてあり、これは葛湯などにも使っていいそうだ。

保存料は未使用。消費期限は常温で30日間。

 

店舗では商品を小さく切ったサイズの試食も可能。

ほんのり甘く、食感は柔らかい餅、またはオブラートがないボンタン飴みたい。

 

園田屋

熊本市中央区南坪井町6-1 ( 上通り商店街から続く並木坂通り)

休み:日曜

営業:9:00~19:00 18:00(日)

駐車場:無し 周辺にコインパーキング有り(短時間であれば店舗前にハザードランプをつけて駐車)

 

最終更新日:2018年2月13日