地域(宇土、益城方面)

宇土市大太鼓収蔵館

ふるさと創生資金を活用して建設された大太鼓収蔵館には、江戸時代から明治時代にかけて作られた「雨乞い大太鼓」が26基収蔵されている。

 

 

面の周囲には「木星(きぼし)」という飾りが施され、大きい太鼓では重さ1トン以上もある。

 

民俗資料の展示

 

宇土の雨乞い大太鼓は、2002年(平成14)10月に熊本県重要民俗文化財に指定。2017年には熊本県では初となる「国重要有形民俗文化財」に指定された。

 

梅雨の時期になると規模は小さいが、収蔵館前では紫陽花と花菖蒲を見ることができる。

 

宇土市大太鼓収蔵館
宇土市宮庄町406番の2
TEL:0964-22-1930
開館:9:00~16:30
休:月曜、年末年始(月曜が祝日の場合は翌日)
入館料:100円(小・中学生は50円)
 

カーナビ入力情報:29 031 054*65 (マップコードとは)


駐車場:有り(無料)

 

最終更新日:2020年7月11日